本体が水に浸かっちゃった!
どうすればいいの?

水とiPhoneは危険と隣り合わせの関係になっています。
身近なものになっているので普段は気が付きにくいですが、iPhoneなどスマホは精密機械なので水に非常に弱いです。
水回りなど、水没・浸水の可能性がある場所でのiPhoneの使用は良くないことだとは分かってはいても、ついつい触ってしまいますよね。

しかし、大切なデータが消えたり、本体が動かなくなってしまったりと重要な機能の故障で一番多いのが水に関わる故障なのです。
でもこのアクシデント、直後にしっかりと水分を取ってあげれば、かなりの確率で復旧させることができます。
水没・浸水による事故は、応急処置をするかしないかで復旧度が大いに変わります。万が一の場合に備えて、対処法を知っておきましょう。

※応急処置が終わった後は、なるべく早く修理業者にクリーニング処理の依頼をしましょう。長期間放置すると、基盤・接続部分の腐食に繋がります。


本体の電源をオフにする

一番初めにしてほしいことは、iPhone本体の電源をオフにすることです。

電気が流れている所に水分が触れるとショートし、これが故障の原因となるのです。本体の電源をオフにすれば、電気の流れを止め、ショートを防ぐことができます。

もし水没した段階で電源が切れていた場合は、電源をつけ直そうとするのは絶対にやめてください!一時的についたとしても再度故障する可能性が高まります。

購入時に付いてくる製品保証は、あくまでその製品自体に問題があった場合の保証なのです。

アクセサリー類を外す

次に、本体に付けているカバーやイヤホンジャックなどのアクセサリー類を外してください。

この時にタオルやティッシュなどふき取るための道具を準備しておきます。

本体の水をふき取る

本体についている水分を、タオルやティッシュなどでさっと拭きましょう。トイレットペーパーは水に溶けてしまい、バラバラになってしまいますのでおすすめしません。
本体を拭き終わった後は、水分がつかないように手も拭いておきましょう。

手や本体が濡れた状態でSIMカードを抜き取る作業をすると、余計に濡れてしまいますので気をつけて下さい。

SIMカードを取る

ここでSIMカードを本体から取る作業に移ります。
iPhone購入時に付属していたSIMカード取り出しツールがあればよいですが、なければクリップで代用可能です。SIMカードスロットの横にある穴を先端で押して取り出しましょう。
取り出した後は、SIMカード、設置台をそれぞれ拭き、ティッシュの上などに置いておきます。

接続部分の水をふき取る

次に、SIMカードが入っていた部分、端子、DockコネクタもしくはLightningコネクタ(充電するときの差し込み口)を拭いていきます。
先端が細くなるように丸めたティッシュを使用し、水分を吸い取ります。メイクアップ用の綿棒など、先端が細い綿棒が使えると便利です。
各部分を拭き終わったら、全体をティッシュなどで再度拭き直し、取れるだけの水分を取っておきましょう。

乾燥剤を入れたパックに保存

きれいにふき取れたようにみえても、内部が浸水している可能性があります。
応急処置の最後のステップとして、ジップロックなどの密封パックに乾燥剤を入れ、その中にティッシュで覆ったiPhoneを入れておきましょう。乾燥剤がない場合は、生米でも代用可能です。

すぐに修理業者の店舗に行ける場合は、この作業を飛ばして修理に出しましょう。

修理業者へ持っていく

応急処置が終わったら、出来るだけ早く修理業者へ持っていきましょう。
早ければ早いほど、復旧率も高くなります。

やってはいけない応急処置の方法

適切な応急処置の方法は以上ですが、やってしまいがちで不適切な対処法もご紹介しておきます。

ここでご紹介する方法のマネはしないで下さい。

本体を振る

慌ててやってしまうのが、本体を振って水を出そうとする行為です。
濡れた状態で本体を振ると手が滑って落下してしまうこともありますし、内部でも浸水を余計に広げる原因にもなります。

ドライヤーで乾かす

ドライヤーの熱は当て続けると高温に達するので、各種部品の傷みが早くなります。
乾かすのであれば温風ではなく冷風で行いましょう。

電源を入れる

水分を含んだ状態で電気を流すと基盤がショートを起こし、故障する可能性があります。

修理に出さず使用を再開する

運がよければ、応急処置を行っただけでも復活することがあります。
しかし、水分が内部にまで達していた場合、経年経過と共に基盤や接続部分がサビてきたり、腐食してきたりします。

一度使えるようになったとしても、しばらくすると故障し、全く動かなくなってしまうことが十分にありえるのです。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る