大切なiPhoneが濡れてしまったら…?

1. 電源を切る

水に浸かるとなぜ故障してしまうのかと言いますと、基盤に水分が付いた状態で電気が流れると、ショートの原因となるからです。
ショートしてしまうと、機械がおしゃかになってしまうのは当然とも言えます。

ですので、まず初めにしなければならないことは、携帯の電源をオフにし、電気を流さない状態にすることです。

電源・スリープボタンの長押しで電源を切ることができます。電源が切れない時は、ホームボタンも同時に長押しすると強制終了することができます。

2. SIMカードを取る

iPhoneには携帯番号などの情報が登録されているSIMカードというものが装着されています(キャリアで契約されている場合)。このカードにも大切な情報が入っていますので、電源をオフにした後はSIMカードも抜き取りましょう。

抜き取り方は、iPhoneの付属品であるSIM抜きツール(気づかない場合が多いですが、箱を保存していたら確認してみて下さい。きっとあるはずです)、もしくはクリップの先で側面のカードスロットの横の小さな穴を、少し強めに押してください。

  

成功すれば、SIMカードがシュッと出てきます。
取り出した後は、ティッシュ等で水分を拭き取り、乾燥させておきましょう。

3. 本体の水分を拭き取る

ここまで来たら、本体についている水分を拭き取ります。

iPhoneにはイヤホンジャックなど細い部分がありますので、ティッシュの先を丸めて突っ込むか、先が細い綿棒を使って拭き取って下さい(ティッシュを使用する場合穴のなかで破れてしまわないように注意!)。

細い所ほど水滴が残りやすいので、丁寧に拭いておく必要があります。

カバーなどは付けっぱなしにせず、必ず外しておきましょう。

4. 乾燥させる

応急処置の最後の方法は、水気がない場所で乾燥させておきます。

また濡れてしまいますと、水分を拭き取った意味がなくなりますのでご注意を。

もし自宅にあれば、ジップロックなどのパックに乾燥剤や米を入れておくと、乾燥剤や米が水分を吸収してくれるため、乾燥しやすい状態になります。
目には見えない部分に水滴が付着していることも十分ありますので、パックに入れた後は開けずに放置しておきましょう。

5. 修理業者に本体を持っていく

以上の対処法を行うだけでも、復旧する確率は上がりますが、やっかいなことに水などの水分の中には不純物などが混ざっており、その不純物が乾燥後に復旧を妨げる原因になります。

したがって、応急処置を行った後は、出来るだけ早くiPhone修理を行っている業者に本体を持って行き、クリーニングの水没修理を依頼しましょう。


   

やっちゃダメ!間違った対処法

これらの対処法を知らずに、自己流で対処しようとしたり、iPhone修理を行ったりすると、逆に復旧率が下がってしまう可能性があります。

以下のような行動は絶対にしないようにお願いします。

1. 本体を振る

中の水分と取り出そうと焦ってしまう気持ちは分かりますが、本体を振ると逆に水分が内部で動き、全体に染み渡らせる原因となります。

また、濡れた本体を持って振ると手を滑らせて落下の原因にもなりますので、絶対にしないようにして下さい。

2. ドライヤー・ヒーターで乾かす

やってしまいがちなのが、ドライヤーやヒーターの温風・熱で乾かそうとする行為です。早く乾くと思うかも知れませんが、機械は熱にも非常に弱いのです。

パソコンをお持ちの方であれば分かるかも知れませんが、パソコンには本体が熱くなりすぎないように冷却用のファンが付いています。 それほど、機械は熱に気をつけなければならないのです。
下手をすれば、iPhone修理どころの話ではなくなり、本体交換の事態に発展することもあります。

3. 充電する

中の基盤の状態は本体を開けてみないと分からないものです。
もし内部が濡れていた状態で充電してしまうと、内部浸食の進行を助長する・ショートする原因になります。

また、充電する端子部分が濡れていた場合、こちらもショートの原因にもなりますので、充電する前に修理業者に持っていきましょう。

4. 放置する

濡れてしまった。もう諦めよう…。と思ってしまい、何の対処もせず放置する方がいらっしゃいますが、そのまま放置してしまうと復旧できるものもできなくなってしまいます。

電源をオフにしていた場合はまだマシですが、それでも基盤の腐食に繋がります。

必ず、上記で紹介した応急処置をしておき、水没修理をすぐにしてもらいましょう。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る