iPhone|スピーカー・マイクの故障

イヤースピーカーの故障

イヤースピーカーとは、イヤー=耳のスピーカーであり、通話時に耳に当てる箇所にあるスピーカーとなります。

iPhoneの場所で言うと、フロントパネルの上部に細長くメッシュ状になっている所に設置されています。

通話時に相手の声が聞こえないことで気づくことが出来ますが、自分でも確認することができます。

イヤースピーカーの不具合確認方法

iPhoneの初期時から付いているボイスメモのアプリを起動させると、真ん中に赤色の丸いボタンがありますので、タップしてみましょう。すると、録音が始まりますので、「マイク、テスト」など何か話してみましょう。

もう一度赤丸を押すと、録音が停止します。

次に、赤丸の左側に再生ボタンがありますので、そちらをタップすればイヤースピーカーから録音した声が再生されます。

声の確認時に、「自分の声が聞こえない、声が割れている・こもっている」などの状態が確認できたら、イヤースピーカーに不具合が発生しているサインです。

ラウドスピーカーの故障

ラウドスピーカーは、本体下部右側の部分に設置されています。iPhone4だとメッシュ状、iPhone5以降だと小さい穴がポツポツ空いているような形になっています。

イヤホンを差していない状態での音楽やサウンド、操作音は、このラウドスピーカーから出るようになっています。先ほどご紹介したボイスメモを使った方法でも確認できますが、音楽をかけて確かめた方が早いですね。

本体右側側面のサウンドボタンがオンになっていることを確認することをお忘れなく。

iPhoneから音が出ない・割れているなどの状態は、ラウドスピーカーが故障している可能性が高いです。

通話用マイクの故障

通話用マイクは、本体下部の左側に設置されています。通話時の声や、ボイスメモで声を録音する際に音を拾う役割を果たしています。

通話時に相手に声が届かなかったり、ボイスメモの録音時にわずかなノイズは聞こえるけど、録音されているはずの声が聞こえなかったりする場合は、通話用マイクの故障が考えられます。

また、通話用マイクはドックコネクタに接続されていますので、不具合が確認できた時は、ドックコネクタが故障している場合もあります。修理に出して、どこが故障しているのかを確認してもらいましょう。

広域用マイクの故障

実はマイクはもう一つあるのです。それがこの広域用のマイクで、iPhone4s以前のものであれば本体の上部、iPhone5以降は背面のカメラの横に小さく設置されています。

広域用マイクの役割は、周囲の音と通話時の声を別々に集音し、調整することによってきれいな音声を伝える、いわゆる「ノイズキャンセリング」としての役割を果たしています。

ノイズや音声がクリアでない等の不具合は、広域用マイクが故障している可能性があります。

その他確認方法・対処法

故障している!と思う前に、正常な状態で確認出来ているかどうかの確認をしてみましょう。以下にその方法を記載しています。

iPhoneを正常な状態にする

  • 本体の左側面上部に、小さく細長いボタンが設置されています。
    サウンドボタンと呼ばれ、ボタンの横側にオレンジ色や赤色が見えると、サイレントモードとなっているので音が出ません。反対側に押して音が出る状態にしてあげましょう。
  • 音量が最小になっていると、音が出ません。
    本体左側面のサウンドボタンの下にボリュームボタンが2個並んで配置されています。2個あるうちの上側のボタンを押し、音量を上げましょう。
    もしくは、ホーム画面から「設定」、「サウンド」の順に進んでも音量調節できます。
  • イヤホンは外しておきましょう。
  • Bluetooth機器を使用されている方は、機能がオンになっている状態だと本体のスピーカーやマイクが機能しないことがあります。
    「設定」、「Bluetooth」の順番に開き、設定をオフにしておきましょう。
  • ケースの形状によっては、スピーカーやマイクを塞いでいることがあります。
    ケースを外してから確認テストを行いましょう。
  • システムの不具合により一時的にスピーカー・マイクの不具合が起こることがあります。本体の電源を切り、再起動させましょう。
  • iPhoneの復元でも解消されることがあります。
    復元を行う前に、必ずバックアップを取っておきましょう。
  • スピーカー・マイクの箇所は、ホコリなどのゴミが溜まりやすいため、それが原因で不具合を招いていることがあります。それぞれの箇所の掃除を行い、ゴミをキレイに取り除きましょう。
  • 言語設定の変更によって改善されたことがあるという報告があります。
    「設定」、「一般」、「言語環境」、の順にタップし、他の言語にしてから日本語に戻しましょう。
  • Siriの起動によっても直ることがあるようです。ホームボタンの長押しをするか、
    「設定」、「一般」、「Siri」の順にタップし、Siriをオンにしましょう。

もしこれらの方法を全て試しても、iPhoneのスピーカーから音が出ない、マイクが機能しないなど不具合が改善されない場合は、故障している可能性が高いです。修理業者に持っていき、パーツ交換の修理をしてもらいましょう。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る