良く間違えられる故障箇所

iPhoneから音が出ない・音が割れるなどの不具合は、スピーカーが故障しているのではないかとイメージがつきやすいのですが、マイクの故障も同様にスピーカーに問題があると考えがちです。

実際には、スピーカーとマイクは別々のパーツであって、それぞれ別の場所に設置されています。

通話時の勘違い

また、通話時にも勘違いしやすいケースがあります。

通話時に、あなたと話している相手が「音が聞こえない・ノイズが入っている・聞き取りづらい」などの状態を感じたとします。
電波が悪い、自分のスピーカーが壊れているのではないか等と相手は思うかも知れませんが、実はその不具合はあなたのiPhoneのマイクが原因ということもあるのです。

通話時にはセルフで確認することが出来ないために、またマイクがどこにあるかあまり知らない人が多いために、このような勘違いが起こるようです。

もし、電話の相手方が、誰からの電話でも通話時に問題が発生しているとすれば、相手のiPhoneのイヤースピーカーに故障が出ている可能性があります。

しかし、通話時の問題があなたとの電話の時だけであれば、あなたのiPhoneのマイクが故障している可能性が高いです。

ノイズ音が聞こえている場合は、マイクの誤作動によって「ピー」などのビープ音が出続けていることがあります。
正常に作動していない為、声などの音を拾わずビープ音だけが通話の相手に伝わることになります。これが、相手側のiPhoneに問題があると思わせる原因となっているのです。

マイクのセルフチェック

通話時に相手の声が聞こえているのであれば、マイクのセルフチェックを行うことができます。

iPhoneに元から入っているボイスメモのアプリを使用し、自分の声を録音して正常に録音した声が再生されるか確認してみましょう。

iOSトラブル

iPhoneのシステムを担っているiOSにトラブルが発生していることもあります。

その場合は自分でも直せるかも知れません。iPhoneの再起動を行うか、iPhoneの復元により初期状態に戻すことで改善されることがあります。

復元を行うと、保存されていたデータが消去されてしまいますので、復元前に必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

その他、内部のフレックスケーブルや基盤の損傷によりマイクに影響を与える場合もあり、不具合の状態だけでは判断がしづらいこともあるのが現状です。

もし、何かの異常を感じられた時は、一度修理業者に故障箇所を確認してもらうのが良いでしょう。

彼らは修理のプロなので、iPhoneのスピーカーが故障しているのか、マイクが故障しているのか、はたまた別の箇所が故障しているのかを判断してくれます。

修理が必要だと判断された時は、故障している箇所の部品交換をお願いしましょう。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る