画面が割れたら
早めに修理に出した方が良い理由

iPhoneを使用しているとほんとに多いトラブルNo.1が、落下などによりフロントガラスが割れてしまうケースです。誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
頻繁に起きるトラブルであることと、割れていても使用できる場合が多いため、しばらく修理せずにそのまま使っている方も多いと思います。
しかし、実は画面が割れたまま使用するのは非常に危険です。まずはどのようなリスクがあるのか見てみましょう。

画面を割れたまま使用し続ける場合のリスク

あー、また画面がバリバリになっちゃった。でも一応電源はつくし、そのまま使ってもとりあえず問題ないんじゃ?
そうお思いのあなた、フロントガラスが割れたまま使用し続ける場合、大きく分けて2つのリスクがつきまといます。

ケガの可能性

フロント部分の材質はガラスでできていますので、当然割れた部分を直に触るとケガに繋がります。指でタッチするとき以外にも、電話の際に顔や耳をケガするほか、寝ころびながら使用すると目にガラスの破片が入る場合があります。破片が床に散らばり、踏んでしまうと足もケガしてしまいます。赤ちゃんがいると誤って飲み込んでしまう危険性もあります。
ケガをするのは人間だけではありません。犬や猫などのペットも同じくケガをする可能性があるのです。
私のiPhoneは保護シートを貼っているから大丈夫!と思っている方、気をつけて下さい。シートからはみ出ている部分が欠けてきますし、長期間使用するとシートが破れてきます。
保護シートはすぐに修理を出せない時の応急処置としては役に立ちますが、なるべく早く修理に出した方が良いに越したことはありません。

液晶部分まで損傷してしまう恐れ

もう一つのリスクとして、フロントガラスの内側にくっついている液晶部分にまで損傷が及ぶ可能性があります。

画面が割れたまま使用し続けると、上から刺激を与えることにより割れたガラスが液晶部分を傷つけます。一旦液晶部分が損傷してしまうと、表示される映像に線が入ったり、真っ黒になって表示されなくなったりするので、交換が必要になります。

この場合、修理費用も断然変わってきます。通常、フロントガラスが割れただけで済んでいると、交換箇所はフロントガラスだけになるので修理費用はその部分のみです。しかし、液晶部分も故障すると、別のパーツ扱いとして交換が必要になります。

フロントガラスだけの修理費用と比べて、フロントガラス+液晶の修理費用は約2倍も高くなってしまいます。

自分で直そうとするのは
止めておいた方がいい

でも、修理費用って高いしなあ。

そうだ、自分で直せばいいじゃん!修理費用も安く抑えられるかも!
ちょっと待って下さい。本当にそれで大丈夫でしょうか?

自分でiPhoneを修理するには本体を分解しなければならないため、相当の技術が必要になります。
試しに「iPhone 自分 修理」などでGoogle検索してみて下さい。自力でiPhoneを修理する方法が記事や動画で上がっていますが、修理するのがどれだけ難しいか理解できると思います。

分解時には、様々なリスクと向き合わなくてはなりません。パネル・フレーム・基盤の折損、接続部分の損傷・断絶、クリーン失敗による各種部品の損傷、部品の紛失などが分解時に伴うリスクとして挙げられます。最悪の場合、完全に故障し動かなくなる可能性があります。

そして修理に失敗すれば、結局は修理業者に持ち込むことになるので、余計に修理費用がかさみます。
腕に自信があり、自分でも出来ると思うのであれば、挑戦してみても良いでしょう。ただし、保障は全くできません。

失敗するリスクを考えたら、とてもじゃないですがオススメできる方法ではありません。

はじめから、AppleサポートまたはiPhone修理業者に修理を依頼するのが賢明です。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る