ホームボタン修理・交換

ホームボタン

iPhoneの故障の中でも大きい比重を占めているのが、ホームボタンの故障です。

iPhoneにはボタンがあまり設置されていませんが、その中でも一番大きく、一番使用頻度が高いボタンとなっています。

ボタンの効きが悪いと何回も押してしまいますが、全く反応しなかったり、ダブルクリック状態からまた元に戻ったりを繰り返していると んどんイライラしてきますよね。

iPhoneの世代によっては、ホームボタンがドックコネクタに接続・接触していることもあり、ホームボタンが効かない原因がドックコネクタの故障にあることも考えられます。

また、ボタンを触る指からの汗やホコリの侵入により、利きづらさに拍車をかけています。

世代が新しくなるにつれ、ホームボタン部分の構造は改良されてきていますが、落下などの衝撃には弱く、内部で部品が壊れてしまうこともよくあります。未だに修理が多い箇所ですね。

強く押し続けるなど乱暴に扱っていると、iPhone本体が落下し、更なる故障などのトラブルを招きますので、早めにホームボタン修理の依頼をしましょう。

内部フレックスケーブル

先ほど内部で部品が壊れることがあるとお伝えしましたが、その部品がこちらの内部フレックスケーブルと呼ばれるものです。

このケーブルはホームボタンやマナーボタンなどの各種ボタンと接続していますので、フレックスケーブルの故障によりボタン操作にも影響が出てしまいます。

スリープボタン(電源ボタン)

iPhone本体の右上上部、若しくは側面に設置されているスリープボタンは、画面が表示されたままポケットなどに入れると誤作動の問題が起きるため、修理の必要性が高いものとなっています。

落下時の衝撃やボタンの使用頻度により、押す感触が無くなる、押しづらくなるなどの不具合が出てきます。

マナーボタン(マナースイッチ)・ボリュームボタン

マナーボタンやボリュームボタンはより繊細なフレックスケーブルを使用しているため、衝撃が加わると故障しやすくなっています。

iPhone5など、マナーボタン・スリープボタンと一体で繋がっているものもあるので、ある部分が故障してしまうとマナーボタンも同時に使えなくなる場合があります。

ボタンの調子が悪い時の対処法

ホームボタンに自力で手を加えるのは×

良く聞く対処法には、パーツの劣化・故障を招くものがあります。

  • ホームボタンを爪でひっかくようにこする
  • ホームボタンをデコピンするように指ではじく
  • 無水エタノールを本体やホームボタンにかける

これらの方法は、逆に劣化を早めたり、データが消えてしまったりすることがあるので是非ともやめて頂きたいです。

アプリケーションやシステムに問題がある場合

反応が悪いと、ボタン自体の調子が悪くなったのかと思いがちですが、実はiPhoneアプリケーションやシステムに問題があり、ボタンに影響を与えていることがあります。

一部のアプリケーションにだけいつもと違う反応速度であれば、一旦アプリケーションを削除して、再度インストールし直してみましょう。

全体的にレスポンスが良くないと感じる場合は、iPhone本体の再起動を行いましょう。

再起動してみる

再起動の方法

  1. スリープボタンを押し続けます。
  2. すると赤いスライダが表示されます。右へドラッグさせると電源が切れます。
  3. 電源が切れたことを確認後、Appleのロゴが画面に表示させるまでもう一度スリープボタンを押し続けます。

この方法を用いても状態が改善されない場合は、修理に出しましょう。

ホームボタンを画面に表示させる

なんとホームボタンを画面上に表示させることができます。

アシスティブタッチ機能(言いにくいですね笑)を使えば、ホームボタンの代わりの機能を持つボタンが画面上に表示され、ホームボタンを使用しなくても操作が出来るようになります。

以下に、アシスティブタッチ機能をオンにする方法を解説します。

設定手順

     
  1. アプリ一覧から「設定」、「一般」、「アクセシビリティ」、「Assistive Touch」の順に開きます。
  2.  
  3. 「Assistive Touch」の欄がありますので、右側へスワイプし、オンにして下さい。緑色に代わり、iPhoneの画面右下に○マークが表示されます。
  4.  
  5. これがアシスティブタッチです。○を押すとメニューが表示され、真ん中の下側にホームボタンと同様の機能を持ったボタンが出現します。使い方はホームボタンと同じです。

しかし、画面上に表示されるので他の操作の邪魔になるので結構気になります。このボタンを表示させ続けていると扱いづらいと感じる方は多いようです。

また、ホームボタンが割れている・陥没している状態で放置しておくと内部にゴミが侵入しやすいので、出来ればiPhoneのホームボタン修理を行ってくれる店舗に持って行きましょう。

スリープボタンも同じことができる

ホームボタンと同様に、アシスティブタッチ機能はスリープボタンの代わりの機能を持っています。

陥没している等調子が悪くなっているときは誤作動が起こりやすい状態になっているので、この機能を利用して対処しましょう。

Assistive Touchでスリープ状態にする方法

  1. 「Assistive Touch」をオンにする
  2. ○マークをタップ
  3. 「デバイス」をタップ
  4. 「画面をロック」をタップでiPhoneがスリープ状態になります。

しばらくはこの機能で対処しておき、時間に余裕ができたらiPhoneのスリープボタンの修理を行ってくれる店舗へ修理依頼をしましょう。

ボリュームボタンも同様

ボリュームボタンも同様に、アシスティブタッチ機能で代用することが可能です。

カチッとならずにボリュームの調整が効かない・効きにくい場合はこの方法で対処しましょう。

ボリュームの調整方法

「Assistive Touch」→「デバイス」の順にタップすれば、音量の上げ下げボタンがメニューの左側に表示されますので、タップして音量を調整します。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る