バッテリーの故障原因はなに?

バッテリーの故障サイン

以下の不具合が出てきたら、バッテリーに異常が発生しているサインです。

最悪の場合、発火や破裂などでケガに繋がるので、バッテリーの故障は非常に危ないのです。

危険な状態になる前に、iPhoneのバッテリー交換をおすすめします。

変色している・錆びている

iPhoneを水没させて修理業者に持っていかなかった場合でも、自分で乾かせばしばらくは通常通り使用できる場合があります。
しかしながら、後に不具合が意外な所から発生するのです。

バッテリーを見る機会はあまりないと思いますが、水没させた際に内部に水分が侵入し、それがバッテリーを錆びさせる原因となっています。

腐食が起こると、バッテリー内の液体が漏れてきたり、異臭を放つこともあります。

バッテリーの膨張

バッテリーの寿命でも膨張することはあるのですが、急な脹らみが確認できたときは危険です。
購入直後から脹らんでいる場合は製品保証で直してもらった方が良いでしょう。

バッテリーの異常な膨張は、ぷっくり膨れているのが手の感触で分かるほどになってきます。
そのまま放置しておくと、発火、内部基盤やパネルの損傷に繋がります。

異常な熱を持つ

バッテリー本体の製品不具合や、落下などの衝撃によって、バッテリーが熱を持つようになり、破裂したり、発火したりすることがあります。

ケガの原因になり非常に危険ですので、異常を感じたらすぐに使用を止め、お近くの修理業者へ持っていきましょう。

寿命が来ている

バッテリーは電池の一種なので、何回も充電を重ねることにより寿命がやってきます。

充電した量や充電した回数によって、寿命の減りの早さが異なります。早い方であれば、一年程の使用で寿命が来るケースがあるようです。

以上のようなサインが見られたら、iPhone修理を行っている業者に持って行き、バッテリー交換をしてもらいましょう。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る