バックアップは忘れずに

いつ何時iPhoneが故障するかは誰にも分かりません。
最悪の場合、あなたの大切な写真などのデータが一瞬にしてなくなってしまいます。 万が一のことを考えて、バックアップは定期的に取っておくことをオススメします。

バックアップとは、データの破損や本体の故障など不測の事態に備えるため、あらかじめ別の機器にデータのコピーを保存しておくことです。
コピーしたデータは、本体が正常な状態に戻った後に移し替えることができるよう保存しなければなりません。
iPhoneの場合、バックアップの方法は本体をパソコンに繋ぎ、iTunes経由でバックアップする方法と、iCloud経由でバックアップする方法の2種類があります。

iPhoneをAppleサポートへ修理に出すときは、部品交換ではなく本体交換である事が多いからか、初期化状態で返ってくるため本体に保存されていたデータがなくなります。必ず事前にバックアップを取っておかなければなりません。バックアップを取ったかどうかの確認は事前に修理業者からしてくれるとは思いますが、修理を出した後では時すでに遅し、泣き寝入りをするほかなくなってしまいます。

他の修理業者では基本的に部分交換になるため、そのような心配はありません。
修理のプロなのでデータ消失など致命的なミスは侵さないとは思いますが、それでも万が一のことを考えてバックアップは取っておきましょう。

当サイトのイチ押し修理業者

詳細を見る

関連記事

先頭に戻る